菌活スキンケア!

Share on Facebook
LINEで送る

IMG_1272最近の研究で健康で美しい肌を保つためには「皮膚常在菌のバランス」と「バリア機能」が必要だとわかってきたそうです!
あ~32℃のスキンケアはこの通り!理にかなってるなぁ。
散々「バリア機能が大事」と言ってきただけあったなぁ!(^^)!

お肌の常在菌には美肌菌(善玉菌)、悪玉菌、日和見菌があります。あれ?これって腸内と同じでは?と思った方もいらっしゃるかと思います。そうです。同じなんです。

お肌の美肌菌は㏗を弱酸性に整えたり、悪玉菌の繁殖を抑えたり、潤い成分ほ排出して皮膚のバリア機能を保護してくれています。
ところが、何らかの原因で悪玉菌が増え、黄色ブドウ球菌やアクネ菌が増殖したらニキビや痛い、かゆいの原因になってきます。
悪玉菌が増える原因は、ストレスやアクネ菌の持つリパーゼという酵素が皮脂を分解し、毛穴をふさぐことでアクネ菌が増加してニキビとなってしまいます。

また日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にもなります。多い方に傾きやすいので常に善玉菌を増やすようにしないとですね!

ではどうやって善玉菌を増やすのか?
1.保湿
乾燥すると善玉菌が減ってしまいますので、保湿はしっかりと。
2.紫外線予防
日焼けは大敵!日焼け止めもSPFがあまり高くないものを使用しお肌に負担がかからないものを選びましょう。
3.洗いすぎない
洗いすぎは美肌菌が流れ出してしまいます。朝・夜2回きれいに落とせるスキンケアを選んで!洗顔の時間はクレンジングともに約3分!
4.栄養
外からだけでなく体内から栄養を、また睡眠もしっかりととりましょう。

そして毎日使うスキンケアに美肌菌のエサが入ってたらうれしいですよね!エサってことは美肌菌が食べにやってきます。(何億といるらしい)

増える~!(^^)!

ということで32℃のバランシングローション(化粧水)にはエサとなるαグルカンオリゴサッカリドが配合されています!(ちなみにソープにも入っているので洗いながら出ていった美肌菌を呼び戻そう!)
毎日の当たり前に入っているのはうれしい!(^^)!

是非取り入れて「菌活スキンケア」しましょ~!(^^)!