ある彼女との会話②(スキンケア編)

Share on Facebook
LINEで送る

洗顔の仕方を一通り話して、興味が湧いてきたのか、話が止まらない。
「最近ファンデーションを変えて、ニキビが増えてしまって。合わなかったんですよぉ」
「そのファンデってどんな種類なの?」
「クリームファンデかな?カバー力はいいんですよねぇ」
なるほど。しっかりピッタリお肌につくわけか。ならばやはりクレンジングが落ちていないんではないかなぁ。ファンデが合わない方って、肌荒れ起こしている方が多い。今流行りの美容液ファンデだとしたら、そもそもそれで合わない=美容液が合わない?=肌が荒れている。お肌が元気であればそもそもファンデで荒れることはないのでは…
「じゃぁやっぱりクレンジングから見直した方がいいと思うよ!
ちなみにスキンケアどうしてる?」
「化粧水と乳液です」
「化粧水はどのくらいの量使ってるの?」
「え?1回コットンでパタパタしてます。化粧水は中に入るのでいい物使わないと怖いですよね!」
おぉ、それは素晴らしい!その通り!せっかく入れるならいい成分のものを入れた方がいいよね!(^^)!しかし、コットンと量がきになるなぁ。
「なんでコットン使うの?」
「手だと手に入りますよね?」
コットンだとほぼコットンに吸収されちゃうぞ。手で温めてゆっくり入れていくんだよ~。
肌質から見ても完全に脂分が多い。テカリ、べたつき、化粧崩れ。
「化粧水は今のあと3倍入れて~!そしてコットンは刺激になるから手を使った方がいいと思うよ!」
「そんなに使うんですか?知らなかった…明日からやってみます!」
うんうん。頑張ってやってみて!(^^)!水分入れて脂分とのバランスを取りましょう!(^^)!
「ちなみに美容液使ってる?」
「使ってないです!いりますか?」
「…いります(笑)水分持続させるものと、セラミドの代わりになるものが必要かなぁ。今いくつだっけ?」
「29です。そろそろですよね。」
「まぁ、アンチエイジングをそろそろ考えてもいい歳だよね~。でもその前にその赤い顔と大人ニキビを何とかして肌質改善しないとね!アンチエイジングしたって効果がないし、そもそもできない(:_;)」
「え~!できないんですか?なんで~?」
「いや肌質っていうものはまずキメを見ていくんだよぉ。キメの状態がある程度整ってないと、入れた美容液もすぐ出て行ってしまうし、逆に肌荒れするかも。それにお肌をきれいにしていくには順番ってもんが…」
「順番?」
「そう。順番。まずは痛いとかかゆいとかニキビとか治してからでないと高機能美容液を使ったアンチエイジングはできないんだよぉ。お肌が元気でないと先に進めないんだ。効果も出づらいし。元気でないお肌に美容液を入れると強すぎて肌荒れしちゃうかも。」
「そうなんだ…頑張って治さないとですねぇ。でもお金かかりそうだなぁ」
「ん、まぁそうだね。多少はかかると思うよ。でも今頑張らないとこのまま変わらないよ!お肌が痛んでいるからかかるんだよ。治ってくれば使わなくていいものもでてくるからさ!」


彼女は容姿は申し分ない!スタイルも顔もホントにかわいい。ただ肌だけ。もったいない。少し頑張ればかなり改善していくのに。
ただ私が言えることはここまでだ。あとは自分の意志。どこまで頑張るかは自分次第。
美しくなることにあきらめないでほしいなぁ…